忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/24

人の考えてること分かりません

えー、部活でまた嫌ーな過去を思い出してしまいました。

今日は気分がブルーです。



もう友達に散々話したし、過去よりこれからが大事なので、良いこと書こうっと。

今日は、ドイツに留学して帰ってきて、学校では留年のため、高校2年生として学校生活を送っているSくんにあってきました!

かれがドイツにいる頃僕がFacebookで見つけて、ちょっとは会話したりしたんだけど、
リアルタイムでのチャットとかは無かったね。

いやぁ喜んでもらって良かった。

…しかし隣のクラスの友達合わせて5人で会いに行ったんだけど、自分だけ違うクラスw

どんだけ、クラス嫌いなんや~

何でか分からん、同じクラスの人とはいつもの雰囲気で話せないのだ。

隣のクラスの友達は、そこそこ賢いし、僕が描いてた理想の高校生って感じ。

本当はああいう人ばっかりがいて欲しいんだけど、

現実は甘くなかった。


うーん、友達の中でも自分だけが、私立大学行くこと決めてダラダラしてるみたい。

ほとんどの人は賢いので、ちゃんと国立大も受けるようです。

でも、青森県行くとか僕だったら無理だぁー

雪食べてこいよなんていったけどw

大学では
本格的に学びたいです。

純粋に学問を楽しみたいです。

PR

2012/02/21 日記 Comment(2)

Chaotic history

Aくんは私の一番弟子のような存在でした。
しかし、あるメールのやりとりがきっかけで、私とAくんの信頼関係はどん底の状態まで、堕ちてゆきました。

ちなみに、私は全く悪いことはしておりません。
この、表現は正しいと思います。

私が送ったメールへの返信に激しい罵倒をのせて、私を攻撃してきた。
わたしは、精神力が低いので、そのメールをただただ受け流すだけで、返信することは一切しませんでした。
 

(ちなみに弟と今やってるセパスチャンネルというゲームでは精神力が高いと状態異常になりにくいという設定がありますw)

まあ、そんなわけで僕のHeartは傷つきましたとさ。


結局、後になって和解は成功しました。


うん。これで、反省してくれれば良かったのだけれども。
これで、反省してくれれば良かったのだ。





Bくんは部活でずっと一緒だった2つ下の後輩だった。
練習には熱心で、自分のスキルを向上させるのに努力を惜しまない人だ。

そんなかれは、突然長期的な休部を発表した。

理由ははっきりとは分からなかった。

しかし、音楽の方向性が違うとか単純解決はできない難しい理由だ。

そんな彼は、僕が引退する位の時期になって、やっと部活に戻ってきた。

そして、彼は部長になった。

当時、僕とのいざこざがあったばかりのAくんは、今まで部活にずっと来ていなかった人が部長になるのはあり得ない、など結構言っていたが、結局 hand in handで仲良くスタート切ることになった。

これで、安心して引退できると思った。




世の中は思ったより難しいものなのだ。


2012/02/19 日記 Comment(0)

You know you'll never leave me.

あーー

結局、今日も平和な日曜日を過ごしてしまった。

実は、部屋の掃除をしようなんて思っていたのに。


おいしい料理を家族と食べに行きました。
Goodです。

石窯焼きのハンバーグなんですが、なかなかオイシカッタデス。

パンも売ってましたし、割と良い店なんじゃないでしょうか。

お値段が張るのは、暗黙の了解と言うことで…

まあ腹ぺこ寅さんよりは安いわけだが…


えっと、掃除はとりあえず、今日に近い明日に行います。
うーん、不言実行も格好いいんだけど、言ったからには引き下がれないと言うことで、細かく言っておきましょう。

明日の、午後8時30分からはじめます。

たぶん。

急用が入らなければ。



ところで、うちの部活アンサンブルコンテストというイベントに出ることになっています。

でー、またあの風邪でオヤスミした友達の代わりに出てくれなんて、顧問に言われたので…

一応、考慮には入れてます。


ですが、なんなんでしょうか、あの部活の重役の一人は、実はちゃんと働けていないのではないかと思います。

彼の名をば、さぬきのみや…じゃなくてAくんとしましょうか。

Aくんは元々副部長でした。

当時の部長はBくんとしましょう。

2012/02/19 日記 Comment(0)

定期演奏会

うわぁあああ
あああああああああああああああああああああああ
現実の世界では叫べないから、ここで叫ぶんです。

そして、いろいろと言うんです。


私は人前で話すことが極端に下手になってきました。



部活の定期演奏会が終わりました。
部活の関係者たちによる毎度の反省会が行われました。

僕は、高三生として、久しぶりに戻ってきた感想を言いました。

風邪で休んだ友達のことで、ちょっとふざけたことを言ってみました。
人々はみんな笑ってくれました。

その笑い声で目が覚めたんです。

僕は次に何を言えば良いんだろう。
何も言うこと考えてなかった!!!
いろいろ言ってみるけど、口が回らない。

結局何が言いたいんだ、自分は。
聞いている人はどう思っているのか?

結局、自分ではよく分からないまま終わりにしてしまいました。
たいした、助言もできずに。



たぶん、緊張しているんだと思うんです。
自分はいままで受験勉強を理由にしてあまり人と接触しないようにというか、社交性を失ってしまったんですよね。
人見知りを激しくしてしまったような。

もっと明るい人間になりたい。
そんな気がします。

弟と仲良く話しているときは、とっても明るい人間になっていると思うのですが。
いや、弟は最近本当に良い話し相手です。
ちょっと悩みを言うときの聞いたこと言ってくれるし。

そんな深い悩みはないんですけどね。


大学に入ってから、友達を増やしたいと思います。

あー、でもそういうのなれてないな。

はっきり言って、恐いです。

知らない人と、いきなり何を話せばよいのか…。

今日、定期演奏会で聴いた曲の歌詞に、
まだであったことのない人と話してみたいとかあったんですが、

そうは思っても、実際ね…

天気の話でもするんですか?
今日は雪降るらしいですねーとか。

だいたいさー、初対面で、ですます調なのかため口なのかそこさえも不確かなんです。

結局どちらも混じっちゃって不自然な感じに。


だから、明るく友達が多い人にあこがれます。

初対面は緊張するし、うむむ

そんな感じでも長いつきあいで、心の底から信頼できる良い友達は年々少しではあるけれど増えていっています。

くそ、タイトルと全く関係ないじゃん。
このはなし。

じゃあ、無理矢理こじつけるために…
部活の後輩とかにも、良い子たちがいっぱいいるんですよ。

でも、やっぱりすでにジェネレーションギャップを感じるというか…
学校の雰囲気のせいなんでしょうか、ちょっと入り込めないカベなんてのもあったりなかったり…

自分の話を聞いてくれる人がいて、とてもうれしいです。
でも、僕はその話をして役に立っているのか?
ただ話を聞いてもらいたいという自己満足で終わっているだけなのかも。
なんて思うことも。

客観的に見れば考え過ぎなんですが、
いま、自分を振り返ってみると、そういう思考プロセスが自分に植え込まれているような気がします。

ま、慣れだ慣れ。
とりあえず、当たって砕けてみます。

何か変わるかも知れないから。

2012/02/19 日記 Comment(3)

久しぶりの部活(3)

Episode3 改善


顧問の態度は以前とは少し違うようです。

それは事情を詳しく知らないのではっきりとは言えません。

しかし、部員のいくつかが先生に対する不満をいうのです。


少なくとも、自分の代までは顧問に対する不信感は存在しなかった。

話を聞けば、顧問が自分の意見を押し通すようになった、という。

このことが原因で、練習の遅れが生じ、定期演奏会前日であるのに、部員の不調和が生じている。


自分は、部活を引退した身なので、深くは関わりたくないのが事実である。
もうすぐ大学生だし、それなりに気分を良くして大学生活のスタートを切りたいものだ。

ところが、どうも見捨てておけないような状況なので、やはり少しは介入が必要だろうか、自分も後輩の手助けをしてみる必要がある。

自分の以前いた場所が、すっかり荒れ果ててしまった。
こんな状況を誰が喜ぶであろうか。

2012/02/18 日記 Comment(2)

カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
リンク
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Mr.Dora
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1993/12/17
職業:
高校生
趣味:
多趣味な方だとは思いますが…
 
 
RSS
 
 
 
最新CM
 
[05/08 qihecvxkab]

[05/07 edibxyjhms]

[05/07 qtljjhsgss]

[05/07 koyjujwnjp]

[04/25 Smithb13]

 
 
カテゴリー
 
 
 
おきもの
 
 
 
バーコード