忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/25

This is kind of vital issue!

日本人である私は、ちょっととかたぶんなんていう単語をよく使ってしまうのです。
題目は「これはちょっとした重要問題だ!」
ポイントはa kind of ではなく kind of である点ですね、あ、こんなのはどうでもいいか。

これってのは今からはなしますよ。

・まぁ、いやな話だけどねー。


新入生歓迎会ってのはどこの学校にもあるもんで、大抵この4月ごろ行われるみたいです。
主に部活の勧誘だよなー、これって。

うちの高校はまあ学園ですから、中学・高校ってあるわけですよぅ。
で、部活もその中学・高校っていう体系だから、新入生歓迎会って一口に言っても、2回はやらなければならないわけ。

でもなぁ、今年は、どんな怒らせ方をみたのか知らないけどさ、中学も高校も同じ日に新入生歓迎会をやることになっていました。
同じ日ってことは、やっぱ大体時間も重なるわけで…。

部員をいろいろな役割に就かせて行動したってわけさ。
でも、いくら決めても当日はやっぱり混乱するんだよねー。誰がちょうおんぱ流したのかな?

で、結果はというと高校の方で4人、中学の方で30人強。
これはあくまでも仮登録用紙に記名してくれた人の人数なので、入部してくれるのはきっとこの中から指折り数えるくらい何だろうなーと、推測しております。

ちなみに、昨日あった練習を見に来てクレーって手紙をHRクラスに出したのに、きてくれたのは
たったの0人…。
↑せめてもの表現です、すいません^^;

というわけで、部内は焦りと悲しみが渦巻く嵐の海となってしまいました。
果たして、海の神は現れるのか!?ポケモンだとルギアだなー。

で、まだ問題はあります。
これを読んでくれているかわからないけど、部長!!
体調管理は日頃から叫んでいるよね!!
いくら忙しくても、どうにか休み(欠席)は避けたい。
有言実行を前提として、部活動を行なってほしいですね。
くれぐれも有言不実行なんてことはないやうに………。

そんな、部長欠席の最中、部活の練習に突如として現れし者は、同じ学年のDQN!!
3人組でした。

どう見ても、不良。
どう見ても、合唱をなめてやがる。
どう見ても、馬鹿。

明らかにいえるのは彼らがもしこの部活に入るならば、Our club will collapse!!
崩壊の道を歩みます。

そう、彼らはこの部活に入部しようと見学をしにきたのです…!!
アゝオソロシイ。

They are unwelcome!!

きっと、彼らがいたら私たちはコンクールでなんの活躍もできないのかもしれません。

彼らDQNは概して同学年や下級生には蔑んだ目で見がちなので、こちら側としては非常に対処しにくいとなり得るでしょう。

私はかつての敵とはうまくやっていけます。
しかし、新たな敵new enemies と戦っていくことには、まだ勇気が足りません。
そのような勇気をあの平和な授業でどうやって蓄えようか!!

そうなのです、私たちの学校はLesson制授業なので、下位クラスはとことん落ちぶれています。
もはや、あの学校の堕落の原因となっているのです。

敵情報告によれば彼らもその最下位レッスンのお友達で、日々学習能力の低下に貢献しているとか。
まぁ、聞かずとも見た目で大体わかりますがねー。


先日このブログに書かせてもらった態度についての意見ですが、こういう人たちは正に当てはまるんですよね。


というわけで、先が危ぶまれているこの部活。

マイナス面だけを見ても仕方ない。
今、変えよう!
Dead club から Vivid clubへ!
もっとVitalityをもって!!


・ああ勉強もいそがしー

メドベージェフやオバマや由紀夫。
これらの人は国をまとめる役割を担っているみたいですね。

じゃあ、私はどんな役割を担っているのか。

そんなことはチャラチャラしている若者には到底思い浮かばない事項です。
思い浮かばない故にチャラチャラしているのですから。

私は考えます。
やっぱり、日本という我が国を立て直すことが目的じゃないかな。
そのためにいろいろな知識、教養を蓄えて、将来はき出す?
それが役割です。

日本の立て直し方はいろいろあると思います。

医療界に入ってもよし、政界に入ってもよし、教育界にはいってもよし。
芸能界はそんなにチャンスはないと思いますな。


こう、いろいろきれい事のような事柄を述べているけれども、本心はといえば私利私欲ってのが浮かんできちゃいますね。

やっぱり、なんにしても自分が得をしたいから人間は頑張るんでしょう。
だから、そのことを踏まえていろいろやり遂げていくと、きっと満足感を得ることができると思う。
何かを決行してもそれが結果として損をしてしまうなら、いやになってしまうのは当然です。

そういう意味での積極さというのは、先ほどの活力とともに必要な素材なんですよ。

文武両道なんていう難しい目標があるけれども、どちらも自己満足のためにやってればいいのかもしれません。

ある程度までいくと、それは間違いですがね。
少なくとも、私の所属する部活では、間違いのようです。
音楽を演奏する者はジャイアンのように自己満足で終わってはならないのです。

だから、文武両道を目指すには、どちらもほぼ100の力で、力尽きるほど頑張らねばならぬというわけです。
でも、これは無理に近しい。
ということで、適宜どちらかから手を抜いていく策が私にはあるのです。

私の「学業としての目標」と「部活での目標」の達成の難易度は前者の方がおそらく遙かに高い。
また、現在この時点では学業に対する執着心がきわめて強くなっている。
いわゆる、モチベーションってやつ。

これを持っている限り、目標への距離というものはだんだんと縮まってくる。
だから、今考えねばならないのはこのモチベーションをいかに持続させるか、である。

一方部活に関しては、集中力を要するほかは自分に関してはほとんど問題ないと思っている。
自らの問題としてはもう少しだけ部活にかける時間を増やすことくらいかなぁ。

部活での問題は部員の部活に対する心のあり方が一様でないことだ。
心、息がそろわないことは合唱において非常に重大な事柄なのだ。


自然を破壊するほどの支配力を得た人間が、自然事象によって故障しては近代合理主義の恥だ!
※近代合理主義を完全に肯定するわけではございません。


お    わ    り

PR

2010/04/20 日記 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
カレンダー
 
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 
 
リンク
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Mr.Dora
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1993/12/17
職業:
高校生
趣味:
多趣味な方だとは思いますが…
 
 
RSS
 
 
 
最新CM
 
[05/08 qihecvxkab]

[05/07 edibxyjhms]

[05/07 qtljjhsgss]

[05/07 koyjujwnjp]

[04/25 Smithb13]

 
 
カテゴリー
 
 
 
おきもの
 
 
 
バーコード