忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/23

言い訳Probably

シリカゲルに、水をくわえるとどうなるかな―興味本位でやってみました。

ちょうど父親が帰ってきて、化学物質だ、危ない、などと煙たそうに言いました。

処分はどうするの?
飲み込んだらどうするの?

彼がそういったのは、ここが実験室ではなく、家庭であるから。

―ちゃんと家庭のことをよく考えてくれているんだな
と、思いつつも…自分の行動を強く否定されたことに対して
頑張って冷静になろうとしていた自分がいました。

「考えが甘かった」
といって、捨てることにしました。

それも、やはり父は流しに捨てたりして石けんとかと化学反応でも起こったりしたら危険だからと言いまして、
結局私は新聞紙にその液体をしみこませビニール袋に入れて家庭ゴミのゴミ捨て場へ持って行きました。



題名の通り、これはめちゃくちゃ言い訳なんですが、どうも言わないと気が済まないので、言います。

論点1:化学物質を恐れすぎではないか?
父親は化学物質に関してよく知らない。
いや、父だけでなく家族はみんな知らない。
人間というものは知らない事柄に対して恐れを抱くというのはよく聞く話で、実際父はそれが恐くて、またその恐怖を同じく抱く家族を守ろうと、私を非難したのだと思う。

私は処分する際に「化学物質と言うだけで恐れをなす人が多い。この私たちの周りには化学物質なんてどこにでもあるのに!」と軽い憤りを覚えました。
ひょっとすると、父を初めとする多くの非理系諸君は、化学物質をなにか毒のある大変なものだと勘違いしているのかもしれない。

たったいま、父が私の部屋を訪れ、「何の心配もいらないみたいだったね、ごめんね」といってきてくれた。
確かに、私はほんの興味本位で後先考えずにことを行ってしまった。
それは、私が未だに浅はかな考えを持っていることを示しているのだ。
父が伝えたかったのは、処理まで考えてやりましょう、ということだった。

これは、父に感謝するべきかもしれない。
今日は私の体調が平生とは違うもので、割と物事をはっきり言える環境であるから、
自分の非をしっかりと認め、父とは和解した。

これはこれでよい経験となったかもしれない。

しかし、それと同時に、私もかのノーベル化学賞を取った名誉ある科学者たちのように、化学物質の世への有用性を示していけたらいいな、とも私は思う。

論点2:物事を知らない、とは?
孔子は「物事を知っていることを知っているという。物事を知らないことを知らないという」と、ごく当たり前のことを言っているようだが、意外と人々はこれが分かっていない。
どういうことかと言えば、ある人たちは知りもしないことを、まるで知っているかのような口ぶりで話すことがある。
これが、現実である。

人間は知の喜びをしっているはずである。
また、ここで言っておくが勉強とは知のかたまりである。

学校での話になるが、
勉強のできないやつは大抵勉強が嫌いだと思っている。
あるいは嫌いとは言わないまでも、ある程度面倒だと思っているに違いない。

なぜ、面倒だと感じるのか。
先ほどもあったが、人は知らないことを恐れるきらいがある。
よく分からないことは恐いのである。
恐いものは遠ざけたいものである。

学生は勉強するとき、あることが分からないとすっかりやる気をなくす。

まさに、このことである。
表面上だけ分かった素振りをしているから、いざ、中身を見るとあまりよく分かっていない。

こういう人間が世にはたくさんいる。

かくいう私もその一人である。

というのも、興味を持てない事柄に関しては、どうしても深く知ろうという気が湧かないからだ。

勉強となると、大学受験があるので―という理由は嫌いだから―、いつか社会で役に立つことがあるかもしれないので、興味が湧かなければ、自分から興味の糸口を探す。
これしかないとおもう。

しかし、ある教科に興味が湧かないというのならば、そのほかの教科には少なくとも興味が湧いていると言うことなので、勉強のおもしろさはすでに体感したも同然である。

これが、知の喜びであるとおもう。
今まで知らなかったことを新たに知り、昔の記憶と結びつけることで、新たな考えへと発展させることができる。

人間、いや動物の本能とは新しいものを創り出していくことではなかろうか。
とすれば、新たな考えを創り出していくことは当然、本能的な行為であり、動物にとって大変意味のある行為であると言える。

知ることができることは、限りがない。

知りすぎて逆に不幸な目に遭うというパラドックスめいたことも人間には起こりうるが、
それは、人生多種多様である故の結果。

こういう不定の事実が、神を創り出したのかもしれない。

と、久々に語ってみたのであるが、
きっかけとは何でも良いのである。

PR

2010/10/20 日記 Trackback(0) Comment(1)

COMMENT

無題

高校入試の理科の問題で廃液を如何に捨てるかってやつの選択肢に「地面に穴を掘ってそこに捨てる」みたいなのがあったのを思い出したw

「禁水」って書いてあるものに水をかけたくなるのは人間の性だね
お父さんは賢明じゃありませんか。
君のお父さんをたまに駅で見かける気がするよw

K・Y/Assassin 2010/10/21  00:16 URL EDIT RES

Re:無題

見かけるの!?
お父さんも朝結構早いよ。
夜は僕と同じくらいかな、9時頃だね。
あと例外は飲みに行ってて遅いとか。

お父さんは言い方が悪いときがあるけど、正当なことを言います。

Mr.Dora 2010/10/23 01:03

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
リンク
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Mr.Dora
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1993/12/17
職業:
高校生
趣味:
多趣味な方だとは思いますが…
 
 
RSS
 
 
 
最新CM
 
[05/08 qihecvxkab]

[05/07 edibxyjhms]

[05/07 qtljjhsgss]

[05/07 koyjujwnjp]

[04/25 Smithb13]

 
 
カテゴリー
 
 
 
おきもの
 
 
 
バーコード