忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/11

最悪だ…。

これからの人生、私の父親を信用することはまずありません。
こういっておきましょう。
これだけ、馬が合わないのならいっそ縁を切ってみたいですよ。

理由


今日、社会の歴史で暗記することしか希望がないのかと思い、ブログに書き上げた。
その後、お風呂に入って眠くなったので、少々お風呂の中で寝た。
それでも、お風呂の中というのは居心地が悪く寝ても眠気が覚めない。
お風呂から出てきて、上昇した体温も低い室温によってさめてきた。
その過程で人間はさらに眠くなる。
少し仮眠をするかと思ひて、ベッドに横たわる。
今日はアニメがたくさんあるなと思い。
特に、フルメタルパニックは見たかった。
でも、パソコンを付けて寝れば、録画してくれるから大丈夫だろうと思った。
それに、そのときはまだ塾の宿題が終わっていなかった。
仮眠をする程度だと分かっていたので、起きてすぐにやろうと思っていた。
以前の経験から、パソコンでテレビを付けていると少し音がするので目が覚めることがある。
私はその目覚めを期待して、軽く寝ようとベッドに入った。

ところが、悲劇はそのとき幕を開けた。

私が、起床したのは4時頃。
そのうえ、室内は真っ暗だ。
どういう事だと思い、まずはパソコンのマウスをクリックしてみる。
私の場合、パソコンは時に無断でスタンバイになる。
スタンバイから復帰するためにはマウスをクリックしたり、電源スイッチを軽く押したり、キーボードのいずれかのキーを押すことの必要がある。
とりあえず、クリックしてみたが、なにも起こらない。
次に、時間を確認しようと試みる。
腕時計のLightボタンを押したがなぜか反応がない。
こういうときだけ、私に刃向かうのだろうか?
疑問と怒りを混ぜ合わせた思いが私の心の中をさまよっているうちに私は暗くてあまり見えないこの部屋を明るくさせることを優先しようと思った。
私のいる位置に一番近い照明はスタンドライトだった。
スタンドライトのスイッチを押すが、またなにも起こらない。
さては、と思い下を見ると電源タップのスイッチが電話回線のを除いて全て切られていた。
これも私の経験から見ると、父親の仕業である。
何で全部消すんだ、と壮大なる怒りを持ち合わせた僕にパソコンを付ける以外の選択肢はなく、付けたあと真っ先に確認したのはテレビの予約だった。
神は私を見捨てたのだろうか、全て録画できていなかった。
私のテレビを見るためのソフトには予約の結果を表示する機能がある。
それを見るのが手っ取り早いと思ったのでみてみた。
すると、一番始めに録画される「天体戦士サンレッド」という、おもしろおかしいアニメさえも、とられていなかった。
中には視聴のみの予約もあるかもしれないが、ここでは録画予約と言うことにした方が話の流れが速くなると思うので、あえて触れないことにする。
一番始めの先のアニメは、だいたい1時頃に放送されているわけだが、それさえもとられていないと言うことは、随分と早くに消したということがわかる。
その上、お風呂に入って部屋に入った私に何の用があるのだろう。
私の部屋はいつも閉鎖している。
今回は、睡眠をとりたい、でも録画もしたいという種類の違う反対の希望を持っていた。
だから、部屋に入られたら真っ先にパソコンを消されることは分かっていた。
なぜなら、私が寝ているからだ。
私の家の中にいる血の繋がった住民というのは、大抵私が寝ているのを見ると「もう起きないだろう」と思うのか、勝手に就寝している状態に私を置こうとする。
私はただの仮眠のつもりだ。
特に、私の家の中にいて、血の繋がっている私より年上の男性は無条件で、推測もせずに、自分の思うがままに行動をする。
その行動とは、先ほどの通り、私の見た目を就寝状態にすることである。

人間の脳は、目という器官を通して光を受け取ることで視覚情報を手に入れる。
つまり、光がある状態では目は恒に働いていることになる。
人は睡眠状態になるとき、自分の周りの光を出来るだけ少なくしたがる。
光があるだけ目が疲れてしまうからであろうか。
大抵、人の睡眠の目的とは疲れを癒す、脳の情報を整理することを指す。
疲れを癒すのならば、少しでも負担を軽減したいわけだ。
光があって、目が働いている状態では負担は大きい。

親族のうちで最も近い位置にいる男性は、私の部屋を暗くして、あたかも私が就寝しているかのように見せた。
当然、光は少ないので私は疲れを癒していただろうと推測できる。
そう、このことによって私は仮眠の範囲を超えた睡眠をしてしまうことになるのだ。
これが行き過ぎるとどうなるか。
まず、第一に国語の宿題をする時間がなくなり、塾に行くまでに焦らなければならない。
そこから繋がることは、もし私が塾に行くまでずっと寝ていたとすれば宿題をしてきていないことになり、塾からの信頼を失う、自分自身を殴りたくなる、なぜ起こさなかったのかと親に対する不信感を持つ、孤独になりたくなるなどの『負の偶像』となる。
第二に、当然アニメの録画はされなくなる。
第三、2番目からのつながりではあるが、私が動画共有サイトから、今日放送した私が普段視聴している4話のアニメを全てダウンロードしてみなければならなくなる。
私は、断片的に見るのが大嫌いだ。
全てのものは連続してこそ意味がある。
ハードディスクの断片化であってもシステムに多大なる負荷を与える。
アニメーションの原理であっても、数枚の画像を一定の長い時間における速さで見せられても断片的であり、連続的な動画としてみることは出来ない。
アニメの話数は、断片的であると私に不快感を与えるのだ。
私は生活を除いて、不規則であることが嫌いなのである。
アニメの放送時間延期などもそれに含まれる。

このことは全て私に対し、不快感を有させるものである。
血縁関係にある身近な男性はわたしにこのことにつながりのあることをしてきたのだ。
換言すれば、私に嫌がらせをしてきたのである。

はやく一人暮らしをしたいと思いましたよ。
でも、今はまだ母に頼りっぱなしだからな。
前のように、単身赴任のままが良かった。
住民税とか自動車税などは約二倍になってしまうけれど。
というか、そんなにケチで貧乏ならもっと業績を上げろよ。
ま、反面教師ですか、これが。
確かに、こんな人にはなりたくないと私は頑張っていますしね。
お金がない生活は不自由の象徴ですから。
学校の社会の授業で経済分野にやっと入ったのですが、先生が世の中はお金がないと暮らしていけないでしょ?と言うのに、ひどく賞賛の意を示したいと思いました。
当たり前のことですが、これ、結構重要ですよ。
適度な裕福さを手に入れて、将来は自由な生活を送りたいなと思います。

これは非常にわがままな意見かもしれませんが、先進国である日本ではこれくらいがちょうど良いのです。
PR

2008/11/29 日記 Trackback(0) Comment(1)

COMMENT

www2

まるで論説文の様だ
おもしろい
理論的な思考を入れている…
すばらしい文章だ

ゼロ レクイエム XP 2008/11/30  18:43 EDIT RES

Re:www2

Thanks!!!
父のことを父と呼ばず、血縁関係にあるもっとも身近な存在とか呼んでいるのは私の不信感からです。

Mr.Dora 2008/11/30 19:08

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 
 
リンク
 
 
 
プロフィール
 
HN:
Mr.Dora
年齢:
23
性別:
男性
誕生日:
1993/12/17
職業:
高校生
趣味:
多趣味な方だとは思いますが…
 
 
RSS
 
 
 
最新CM
 
[05/08 qihecvxkab]

[05/07 edibxyjhms]

[05/07 qtljjhsgss]

[05/07 koyjujwnjp]

[04/25 Smithb13]

 
 
カテゴリー
 
 
 
おきもの
 
 
 
バーコード